行政書士業務

まず行政書士とは?

■行政書士があなたの総合窓口となり、他士業とのネットワークで何が必要かを判断し、あなたの「○○したい」をサポートします。

 

行政書士バッジ

秋桜(コスモス)の10枚の花弁の中央部に篆書体の「行」の文字を配置。秋桜(コスモス)の花言葉は「調和と真心」。社会調和を図り誠意をもって公正・誠実に職務を行うことを通じて国民と行政の橋渡しをし、国民の生活の向上と社会の繁栄進歩に貢献する使命を表現。

 

みなさん行政書士という職業をご存じでしょうか?

行政書士は弁護士・司法書士などのように法律を扱う国家資格です。
依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続代理等を行います。

私生活で役所へ証明書類などの発行のために行くこともあると思いますが、許認可申請などで役所などの行政機関に行くことはあまり多くないと思います。仮に申請するにしても最近ではインターネットで検索することが出来るので、全て自分で出来ると思われている方も多いのではないかと思います。
実は私もそう思っていた一人でした。
許可申請について審査基準が優しいものと厳しいものとがあります。
審査基準が優しいものについてはご自身で行うことも可能ですが、審査基準が厳しいものを自分で行ってみるとインターネットなどには載っていない要件が数多くあったり、法律など難解な用語が出てきてイマイチ把握が出来ない、どこへ行って書類をもらえば良いのか分からないなど数多くの困難が待ち構えています。
結果、何度も訂正を求められて申請場所へ行ったり来たり、郵送についても何往復もしなければならず多くの時間と労力を費やすことがあります。
平日に仕事などのために行動出来る時間を制限されている片は尚更大変な作業となります。
自分で申請をしたときに後になって行政書士の先生に任せておけば良かったと後悔したことがあります。

最初は簡単な相談からでも構いません。
まずは一度お気軽にご相談下さい。

主な業務内容について